即日融資のキャッシングと総量規制について

これから即日融資のキャッシングを利用しようと考えてる方もおられると思います。

キャッシングを利用するに当たっては、次の点を考慮しておく必要があります。

それは、キャッシングには総量規制の対象になる会社とそうでない会社があることです。

これはどんな意味をもつのでしょうか?

 

総量規制の対象になる会社は、借入制限があるということです。

一方規制の対象にならない会社の場合は、借入制限がないということです。

この2つの違いが生じることになります。

そして、即日融資が可能なキャッシング会社というのは、規制の対象になる会社のことです。

 

規制の対象にならない会社には銀行系がありますが、銀行系は規制の対象にならないため借入制限がありません。

しかしその分審査が厳しくて、しかも審査完了までの時間も長くなります。

したがって銀行系では即日が不可能となってしまいます。

 

逆に消費者金融系では、規制の対象となるため借入制限はありますが、その分、審査は緩くなり時間もスピーディーになります。

したがって即日融資のキャッシングなら、消費者金融系が有効だということになります。

ただし、規制を受ける受けないに関わりなく、審査に通過しなければ利用はできません。

 

即日融資のキャッシングの利率の相場

キャッシングは即日融資もしてもらう事が出来るので非常に便利です。

便利が故に気軽に借りてしまう事が可能となっており、つい借りすぎてしまうという事が出てきます。

実際に借りた金額よりも多く返済する必要があるので、この利率は利用者としては一番気になるところです。

 

この利率が一番低い金融機関が銀行です。

消費者金融は銀行に比べると2倍は変わってきます。

消費者金融の金利が15%が基本ですが、銀行の場合は7%程に設定されています。

 

お金を借りて次の月には完済するのであれば金利にはそれほど差は出てきません。

しかし、多額のキャッシング利用をした場合においては返済をするには時間がかかる事になります。

つまりそれだけ金利が膨らんでいくという事になります。

そうなったときに設定されている金利が非常に重要な事になってきます。

 

出来るだけ借金におわれないようにする為にも、まずは銀行に相談してみる事が大切です。

そして毎月の返済額に金利が追加されますが、その金額に更に金利が加算されます。

つまり前の月よりも今月の方が多く返済しなければなりません。

つまり時間をかければかける程に多く返済しなくてはならなくなるので注意しておきたいところです。

来店不要で即日融資可能!スマホでも当日融資可能 トップページへ

キャッシングの切り換えを行う際の注意点→

関連記事