副業でアルバイトをするということは、必ず本業ありきのことなので、いろいろな問題も発生してきます。

まず収入面は、時給のアルバイトであれば時間分の収入があるので、臨時的にお金が必要な時など休む時間を削れば、あまり能力に関係なく稼げます。

 

能力給のアルバイトであれば、空いている時間を上手く使って収入を獲れる上、休める時間も保持できます。

しかし、これは自分の能力を知った上で、そういった求人の募集に出会わないと出来ないので、希少なことだと言えます。

女性の副業で、高収入を得ている多くの業種は、風俗店でしょう。

本業の勤務が朝から夕方のようなところであれば、夜の数時間を週に3日ほど風俗店で働けば、本業を上回る収入を得ることも可能です。

 

そういったことからも、副業を禁止している会社が多いのも現状です。

1日の睡眠時間を削って副業に時間を費やしていることが多いので、本業の仕事能力に影響を及ぼすことにもなりますし、他の社員に知れるといろいろと面倒なことにもなりがちです。また年末調整の時などに多額の副収入が見つかると、税金の手続きや事務処理に問題を生じることも多く、個人の問題では済まなくなります。

 

また、副業で能力を発揮出来ることにより、本業の方に見切りをつけて会社を辞められてしまう場合もあり、本業とされていた会社にとっては大きな痛手です。

しかし、転職した方から見れば、能力を発揮出来る仕事に専念することは悪いことではなく、それまで副業とされていた会社も、能力を持った人に本腰を入れてもらえるということで、より良い関係が築けることになります。

 

単に収入を増やしたいと思ってアルバイトを副業としてやっていても、どちらが本業かわからなくなる時があります。

それは、収入の面であったり時間の面であったり、やりがいの面で副業が本業を凌駕した時と様々ですが、一度その味を占めた人は、そういった掛け持ちがライフワークとして肌に合うのかもしれません。

お金の稼ぎ方!どんな方法があるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ:副業について

タグ:

コメントは閉鎖されています。.